痛みに関して

実際の包茎手術は局所麻酔なので痛い思いをすることはない

包茎手術は怖い?痛い?

手術と聞くと怖いイメージを持たれる方もいます。
ですが、包茎手術は局所麻酔で行うため痛いと感じることは基本的にありません。
麻酔から覚めたら包茎手術は終わっています。
被っているものを剥くことが包茎手術のため全身麻酔の必要もなく日帰りができます。
保険が適用されるケースもあるため費用の面でも安心です。
そもそも、気にしていないのであれば治療しなければいけないものではありません。
しかし、相談することが難しく自分で調べては不安になったり間違った情報を信じてしまうこともあると考えられます。
そこで、専門家に相談することで治療法を見つけることが悩み解決の近道です。
小さいことだと考えていても、年齢を重ねるとそれが陰茎がんの原因となる可能性もあります。
気になっているのであればまずは相談をおすすめします。
恥ずかしいことではありません。
手術は短時間、即日退院が可能なので日常生活の支障も最小限です。

包茎手術をした後はどうしたらいいのか

無事に包茎手術を終えたあとは即日家に帰れることがほとんどです。
次の日からは入浴もできます。
包茎手術後2週間程度は包帯をつけた状態のため、運動などは控えるようにします。
抜糸のあとは旅行や運動も楽しめます。
術後の痛みも少なく、股間に過度な負荷をかける乗馬などを除けば完全に日常へ戻ることができます。
1日で手術、退院ができるため周囲の人に気づかれることなく治療をすることができます。
そのために仕事を休むことなく手術できることは助かる点です。
局所麻酔で痛いと感じる間もなく終わるため安心です。
安静は必要ですが行動を制限されることも少ないため忙しい人でも大丈夫です。
手術直後は剥けている部分にこれまでなかった刺激を感じるため、それが痛い場合もありますが、数日から1週間程度で収まるものです。
手術をためらっている方は痛みなく、すぐに帰れる方法があるということも踏まえて治療を考えてみるのはいかがでしょうか。

まとめ

包茎手術は局所麻酔で痛いと感じることなく終わります。
即日退院して日常に戻れるため仕事を休む必要がなく、周りにバレにくいのもポイントです。

あまり誰かと話すことではないために一人で悩む方も多いですが、専門家に相談することで治療が必要かどうか、必要であればどのように進めるのかわかるため、まずは一度受診することが大切です。
がんなどの重大な病気に発展することも考えられるため、気になる方は相談だけでもおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です