痛みに関して

包茎手術後に痛いことはあるの?

包茎手術を受けた後の経過

包茎手術はとてもデリケートなものです。
部位的な問題もそうですが、メスを入れるとなると多少のダメージは避けられません。
最近ではずいぶん安全性も高まっていて患者さんの負担が軽減されていますが、それでも全く痛みがないというのは不可能です。
そのため、包茎手術は痛いというイメージが先行してしまって、受けるべき人が受けないケースもあるのですが、実際に痛いとはいっても程度は軽いものですので、それほど心配はいりません。
特に気を付けたいのは手術後に麻酔が切れてくる頃であり、このタイミングで少し痛いと感じるのは普通のことです。
しかし、時間の経過とともに徐々に弱まっていきますし、一番ひどい時でも我慢できないほど痛いわけではありませんので、包茎手術を行うのには問題ないと言えます。
もしそれでも不安があるのなら、包茎手術を受ける前に医師に確認して、どの程度の痛みなのかを聞いてみるのも一つの方法です。

手術後には痛み止めを服用できる

包茎手術を受けた後に痛い時間が長く続くのは誰でも不安なものです。
しかし、クリニックでは痛み止めを処方してくれますので、必要に応じて服用できます。
よく痛み止めは飲まない方が早く治ると言いますが、実際にはそんなことはありません。
痛い時には飲むのが正解であり、包茎手術を受けた後の時間を快適に過ごすためのコツです。

処方された分でたいていは足りますし、服用してもつらく感じるほどの痛みを感じることはありません。
そもそも手術後でも全く気にならなかったという人もいるくらいの負担の小さな手術となっていますので、痛み止めさえ必要がない可能性もあります。

このような不安は、包茎手術に対しての知識がない人ほど起こりやすいものですが、今では調べればたくさんの情報が掲載されていますので、それらに目を通して安全で痛みがほとんどないことを確認できます。
現在は技術も非常に進歩しており、簡単に治せる時代になっています。

まとめ

包茎手術を受けた後に痛みを感じることもありますが、我慢できないレベルではありません。
麻酔が切れてくる頃に気になる人もいますが、クリニックでは痛み止めを処方しますので、必要に応じて飲むだけでOKです。
手術後も全く気にならないという人もいるほど負担の小さい手術ですので、それほど心配はいりません。
不安を取り除くためには、できるだけ多くの情報を集めて知識を身につけることが重要であり、今では簡単に治せる時代になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です