ペニス増大サプリの成分の亜鉛!効果や副作用を解説【基礎知識】
成分など性能でペニス増大サプリを比較して選んだら巨根に成功

ペニス増大サプリの成分の亜鉛!効果や副作用を解説【基礎知識】

ペニス増大サプリ

ペニス増大サプリには様々な成分が入っていますが、その中で重要とされていて多くのペニス増大サプリに含まれているものに亜鉛があります。

亜鉛は体を作るために必要なミネラルであり、細胞分裂を促したり免疫機能を高めたりすることができます。大変重要なミネラルですが、体に摂り入れるのは難しく、さらに亜鉛の食品からの吸収率は30%となっており体の中の吸収率が悪いため意識して摂らないと不足傾向になってしまいます。

亜鉛はどのような効果があり不足するとどのようになるのかを理解してから、ペニス増大サプリを使用するとより効果を高めることができます。

亜鉛はどのような働きがあるのか

亜鉛は体の中にも存在しているミネラル分であり、骨や皮膚、脳や肝臓、腎臓など大切な器官に多く存在している物質です。人間は16種の必須ミネラルが必要とされており、亜鉛はその中の一つに含まれています。ですが、亜鉛の場合体の中で作り出すことはできない特徴があり、定期的に摂取をするには食事からとり入れないといけません。

亜鉛は主に9つの働きがあり、酵素の活性化や細胞分裂や新陳代謝を高める、胎児や子供の成長に寄与することや免疫力を高める、味覚を正しいものにする、血糖値を下げるそして精子を作ることがあげられます。特に男性の前立腺には亜鉛が多く存在しており、不足してしまうと精子が形成されていかず、精子が減少してしまいます。また精神面にも影響を与えており、イライラを鎮めるうつ状態を解消するなどの効果があります。亜鉛をしっかりと摂取することで精神が安定し、さらに細胞の分裂を促していくので年齢に関係なく、若々しさを保つことができます。

このようなことからペニス増大サプリを服用した場合、陰茎部分が増大するだけでなく精神的にも安定し、成長や生育を促しさらに免疫力も高まっていくので、風邪にかかりにくくなります。

亜鉛が不足したり摂取しすぎたりすると何が起こるか

亜鉛が不足すると亜鉛欠乏症となり、口内炎や脱毛症、皮膚炎や食欲低下、子供の発育障害や貧血、味覚障害や性腺機能不全、不妊症などを引き起こすリスクが高くなります。亜鉛不足の場合、味覚の変化が一つの指針となりますが、蚊などの虫に刺されて跡がかなり後になっても残ってしまったり、刺された部分が膿んでしまったりすることが多い場合においても亜鉛不足が考えられます。性機能に関しても男性ホルモンであるテストステロンが減少してしまい男性不妊の原因となったり、女性においては流産のきっかけとなったりするので注意しなくてはなりません。

亜鉛は食事から摂取するのが望ましいですが、日本人においては慢性的に不足傾向があり、毎日摂取するのは難しいことがあります。このような場合はサプリメントから補うのが良いのですがあまりにも多く亜鉛を摂取してしまうと吐き気や嘔吐、下痢を引き起こしてしまい、逆に薄毛になりやすくなってしまいます。また銅や鉄の欠乏症を引き起こしてしまい貧血を起こす可能性もあります。一度に多く摂取した場合、吸収率も悪くなることは判明しているので、一度にたくさん摂取しようとせず、継続して取り入れていくことが大切です。

亜鉛をどのように摂取したらよいか

日本人の場合なかなか栄養が取りにくい、または偏ってしまうといったことが起こりますが、慢性的に不足しているものに亜鉛があります。亜鉛はミネラルの一つであり、推奨されている量は1日12mgとなります。亜鉛が多く含まれている牡蠣には100gあたり13.2mg、豚レバーは100gあたり6.9mg含まれており、毎日摂取するとなると難しいものがあります。

また亜鉛は脳などの大切な器官の中の他に、汗の中にも含まれています。発汗量に比例して流れ出ていくことがわかっており、慢性的に亜鉛が不足傾向となっています。特に激しい運動を行った場合は汗としてだけでなく、体内での亜鉛の消費量も多くなってしまうので注意しなくてはなりません。

上手に摂取していくには豚レバーや鶏もも肉、牡蠣やほたて、うなぎや高野豆腐、納豆を食事に取り入れていきますが、なかなか毎日食べられない場合はペニス増大サプリのような亜鉛が含まれたサプリメントを摂取していくようにします。吸収を良くするにはビタミンCと一緒に摂取するのが良いので、レモンなどの柑橘系の食べ物とともに食べると良いです。なお、食べ物から摂取をする場合は問題はありませんが、ペニス増大サプリなどを使用する場合は1日2gを超えないようにします。

亜鉛は健康維持に欠かせない栄養です

多くのペニス増大サプリに含まれている亜鉛tとは、必須ミネラルの一つです。分解や合成によって体内で作り出すことができないため、食事やペニス増大サプリなどで摂取しなければなりません。亜鉛は体内で新陳代謝や免疫機能などに使われているため、不足するとさまざまな不調が生じます。亜鉛不足でよく現れる症状は味覚異常です。舌にある味蕾がセンサーの役割をして、脳に情報を送っているのですが、この細胞は亜鉛がないと正常に機能しません。そのため亜鉛が不足すると味覚異常になってしまうのです。

他には肌や髪を維持する役割もあります。肌や髪のほとんどはタンパク質でできていますが、その代謝を助けるのが亜鉛です。亜鉛が不足すると肌荒れが増えたり、髪がパサついたりします。さらに人間の精神面へも影響します。

ペニス増大サプリを摂取する人は性欲が旺盛にあると思われるので大丈夫だと思いますが、亜鉛不足になるとうつ状態になります。うつの一つの下原因は、神経伝達が円滑さを失うことです。亜鉛には神経伝達をサポートする働きがあるため、不足するとうつ傾向になると考えられています。

亜鉛は男性機能にも影響があります

普段意識することの少ない臓器ですが、性腺と前立腺には亜鉛が多く含まれています。性腺とは精子を作り出す場所で、ホルモンも分泌します。男性らしさを司る場所と言っても過言ではなく、いつまでもたくましくいたいのであれば健康な状態を保つ必要があります。

ペニス増大サプリで亜鉛などの成分を摂取することが健康な性腺の維持に役立ちます。前立腺とは膀胱のすぐ下にあるクルミくらいの大きさの臓器で、前立腺液の分泌と精液づくりが主な役割です。こちらもペニス増大サプリで亜鉛などの成分を摂ることが、機能維持に有効であるとの報告があります。

亜鉛をペニス増大サプリなどの栄養補助食品で摂らない場合には、これを多く含む食品を意識的に食べることがおすすめです。亜鉛を多く含んでいるのは肉や魚介類、大豆など高タンパク食品です。肉であればレバーやもも肉、魚介類は牡蠣やホタテ、うなぎなどが多く含んでいます。大豆食品では高野豆腐で効率的に摂取できます。亜鉛を多めに摂ることが目的であるならば、食品に頼るのも有効な手段です。しかし男性機能を意識しての摂取なら、他の有効成分も含んでいるペニス増大サプリが効率的です。

まとめ

亜鉛は必須ミネラルの一つで、新陳代謝や免疫機能と関係があります。不足すると味覚異常や肌荒れ、髪のパサつきにつながります。男性機能にとって大切な臓器である、性腺や前立腺も亜鉛を多く含むため、不足すると機能が低下するといわれています。

亜鉛不足を原因とする体のトラブルを回避したいならば、亜鉛を多く含むレバーや牡蠣、高野豆腐などを食べるのがおすすめです。男性機能全体をたくましくしたいならば、亜鉛をはじめとする有効成分を含有するペニス増大サプリサプリがおすすめです。

ペニスは大きくなるのか

男性であれば大きなペニスを手に入れたいと考えている人は多いでしょう。果たしてペニスは大きくなるのか、それを検証していきます。

基本的にペニスの大きさは生まれつき決まっていて、それ以上でかくなることはないです。しかし、勃起率をコントロールすることはできます。通常時ではそこまでサイズがない人でも、勃起すると平均よりも大きくなるという人は結構います。逆に通常時は大きいのに、勃起してもあまり変化がないという人もたくさんいます。どちらが良いのかというと、前者の方がよいでしょう。

結局のところ、勃起した時に大きいほうが女性も喜びますし、通常時にでかくても宝の持ち腐れで終わることになります。ペニスをでかくするためには勃起率を上げるような努力をしましょう。ペニスは血流が集まることで膨らみます。なので、血流をたくさん送ることができないとサイズアップすることはできないということは理解しておきましょう。

ペニス増大サプリと亜鉛について

ペニス増大サプリと亜鉛について詳しく説明していきます。ペニス増大サプリは男性機能を高くする成分と、代謝を促進して血流を増やす成分が一つになっています。男性機能を高めるためには男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促進しなければいけないです。テストステロンを生成するためには、いくつかの方法があります。

まずは食品から栄養素を摂取する方法です。亜鉛を含む食品を積極的に摂取したり、高タンパク質の食事をとることがかなり重要になります。

食品で摂取できない人は亜鉛のサプリメントを摂取すると良いです。テストステロンを高めるためには、セクシーな女性を見るのも重要です。セクシーな女性を見ると興奮してテストステロンの分泌が促進されます。基本的にはこれらの方法が有効なので、一通り試してみるとよいでしょう。食品やセクシーな女性を見て男性ホルモンの働きを活発にしていくことで、きっとペニスは大きくなるはずです。

まとめ

ペニス増大サプリの効能と仕組みが分かったはずです。ペニス増大サプリは亜鉛が入っているので、テストステロンが分泌されやすくなります。効能と仕組みが分かるとペニス増大サプリを使うことにも納得がいくはずです。

ペニス増大サプリは勃起率を上げる役割がありますが、ペニスのサイズ自体を大きくする効果はないです。ペニス増大サプリに過度な期待を寄せすぎるのは非常に危険なので、あくまでもサプリメントとして考えましょう。

まずは亜鉛の働きについて知る

ペニス増大サプリにはさまざまな有効成分が含まれていますが、その代表的なものの1つに亜鉛があります。亜鉛には細胞が生まれ変わるのをサポートする働きがあり、髪や皮膚、骨など人体のいろいろな場所に分布していますが、男性にあっては特に前立腺に多く存在します。前立腺において亜鉛は、テストステロンという男性ホルモンを作り出すのに重要な役割を担っています。テストステロンは成長期において骨や筋肉、生殖器などの形成を促し、「男性らしい身体」を完成させるのに欠かせない要素となりますが、大人になってもそれらの機能を維持するために必要です。つまり、ペニス増大サプリに含まれる亜鉛は、男らしさを保ってくれる成分だということになります。

また、亜鉛は精巣にも多く存在し、精子の形成にも深く関わっています。こうしたことから、海外では亜鉛のことを「セックスミネラル」と呼んでおり、外国製のペニス増大サプリにも亜鉛を含む製品が数多くあります。

摂り過ぎると健康被害のリスクも

亜鉛は男性機能の維持や回復効果が期待できる成分ですが、ではたくさん摂取すればするほど良いのかというと、必ずしもそうではありません。亜鉛には過剰摂取による副作用のリスクがあるため、注意が必要です。

亜鉛の摂り過ぎによる副作用には、胃障害、めまい、吐き気などがあります。ただしこれらはいずれも急性中毒の症状なので、ペニス増大サプリを利用する際はそれほど気にする必要はありません。注意が必要なのは、継続的に過剰摂取した場合の健康リスクです。亜鉛には銅や鉄分の吸収を阻害する作用がありますが、これらのミネラルが不足すると貧血を起こしやすくなります。また、下痢しやすくなったり、血液中の善玉コレステロールを減らしてしまったりするという報告もあります。

成人男子における亜鉛の推奨摂取量は1日10mg、上限は18歳から29歳までが40mg、30歳から69歳までが45mgとされています。ペニス増大サプリを利用する時は食事に含まれる亜鉛と合わせてこの上限を超えないよう気をつける必要があります。

まとめ

一般的なペニス増大サプリに含まれる亜鉛は数mg程度であるうえ、亜鉛の推奨摂取量から上限までの幅がかなり広いため、過剰摂取にそれほど神経質になる必要はありません。

ただ、海外のペニス増大サプリなどには詳しい摂取量が記載されていないものなどもあるため、利用する時はしっかり情報収集することが重要です。合わせて、普段の食生活の中で摂取することの多いさまざまな食材に含まれる亜鉛の量についても調べておくようにします。

ペニス増大サプリで亜鉛不足を補う

ペニス増大サプリには様々な成分が含まれていますが、それぞれに効能と効果があるといいます。たとえば、亜鉛は男性の精子の量にも関係しており、精力アップと勃起力にも関係がある成分だと言われています。サプリメントを効果的に服用することで、ペニス増大に繋がり、性行為にも良い影響があるということです。妊娠を希望している夫婦などには、特に良いといっていいでしょう。

サプリを服用すると、亜鉛を効果的に取り入れることが出来るのでおすすめです。摂取方法はサプリを服用するだけなので、続けやすいという特徴があります。しかし、それだけでは補うことが出来ない場合があるので、食事面も改善することが大切です。

方法には色々なものがありますが、亜鉛が多く含まれる食材を食べるという摂取方法がいいでしょう。魚やお肉、牡蠣などは特に多く含まれていると言われています。食事で足りない分をサプリで補えばいい、とシンプルに考えると良いです。

亜鉛不足を補うためにサプリメントを服用

亜鉛は精力アップだけではなく、精子量などにも関係があるものなので、これが不足していると勃起力が弱くなるなどの影響が考えられます。そのため、普段の食事では積極的に亜鉛を含んだ魚や豆、肉や牡蠣などを食べるようにしましょう。

ただし、食事だけですべて賄おうとすると間に合わないので、そこを補うためにもペニス増大サプリを定期的に服用することが大切なのです。亜鉛の摂取量は一日10ミリグラムまでが望ましい、と言われています。しかし、あまり摂取しすぎると今度は頭痛などの副作用が現れることもあるので気をつける必要があります。

ペニス増大サプリは必ず国産のものを選び、成分に何が使われているのかを確かめてから服用しましょう。外国産のものには不純物が紛れ込んでいる場合もあり、また成分が微量しか含まれておらず意味がないものなどもあります。国産のものは清潔な場所で作られ、しっかりと検査をされた上で販売されているので安心です。

まとめ

ペニス増大サプリには亜鉛をはじめとした様々な成分が含まれており、精力アップや精子量などに影響を与えるといいます。妊娠を希望している夫婦などは特に食事面で亜鉛を出来るだけ摂取し、それで足りない場合はさらにペニス増大サプリを利用するといいでしょう。

ペニス増大サプリは国産のものを選ぶことが大切です。海外のものには不純物が含まれていることもあります。食事で亜鉛を取りすぎると副作用があるので、そこをサプリメントで補うといいです。

ペニス増大サプリの成分の亜鉛まとめ

亜鉛は男性機能を高めるだけでなく、精子の減少を防いだり免疫機能を高めたりすることができるミネラルです。レバーや牡蠣、高野豆腐などの食べ物から補うのが良いのですが、毎日摂取することは難しいため、ペニス増大サプリのような亜鉛が含まれているサプリメントを利用すると継続して取り入れていくことができます。

ペニス増大サプリを使用した場合、陰茎を大きくすることの他に精神が安定する、免疫力が向上するといった効果を得ることができますが、あまりに多く摂取してしまうと逆に貧血や下痢などを引き起こしてしまい、効果を発揮することができません。一度に多く摂るのではなく、毎日継続して摂り入れることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました