東京農工大学

Tokyo University of Agriculture and Technology

Keywords

  • 起業実践イノベーションリーダー
  • 研究推進力 × 人間力 × 起業スキル
  • 未来価値の創造・社会への実装

東京農工大学では、自ら又は協働で見出した課題解決により、研究成果に基づく起業や企業における事業開発を推進できる人材の育成を目指します。国内20以上の大学、ベンチャーキャピタル、製造業、流通業、シンクタンク及び海外第一線のイノベーション推進機関と共にイノベーション・エコシステムを構築していきます。

目指す人材像

東京農工大学では、時代を先取りした新しい概念や新技術によって事業を創出し、企業を世界に牽引する人材を育成します。

  • 既存の価値基準を超えた提案=「未来価値を社会に提案、実現」
  • 事業経験者や専門家の協力を得て地域、異業種、外国機関と連携
  • プロジェクト遂行に不可欠な事業計画、資金調達能力を身につける
  • 企業の個別特定課題を最先端研究機関と連携し実業に昇華させる

プログラムの内容

東京農工大学の「起業実践イノベーションリーダー育成プログラム(EDGEプログラム)」は、以下のステップでイノベーションリーダーを育成します。

  • 未来のニーズ把握とビジネスの観点からの課題の提案(課題提案)
  • 提案課題に基づきチームを形成し多様な視点で課題検証(チーム形成)
  • 市場の把握、バリュー・サプライチェーン解析、フィードバック(価値創造)
  • 市場価値・社会ニーズの創成、リスク評価、事業性評価(事業実現性評価)

これらの各ステップにおいて、本プラグラムを構成する以下のサブプログラムを習得し、イノベーションリーダーを育成していきます。

  • 未来価値創造から社会実現に至るまでの”実践力”を磨き、グローバルリーダーとしての意識を醸成する基盤づくりを行う「起業家意識醸成プログラム」
  • 研究成果を社会に実装するために、専門分野の研究推進力の枠を超え、柔軟性を持った課題探究力、リーダーシップ、交渉力、説得力、コミュニケーション力を育成する、「エコシステム・フォーラム」
  • イノベーションを推進する先進機関における起業家マインドおよびスキルアップに関する研修に参加する機会を創出する「国際ビジネス研修」
  • 事業実現性で一定の評価を得た課題について、事業計画を具体的に立案し、投資対象としての価値を適性に理解するために実施する「投資家交渉・事業開発プログラム」
  • 受講者が有する課題ごとの事業開発をテーマとしたMBEプログラムを海外で取得することで、ヨーロッパの中小企業との連携関係を構築するとともに、日本企業の卓越した技術開発力を広め、海外進出の機会の創出を支援する「シュタインバイス大学MBEプログラム」(平成27年度予定)

関連 WEB サイト

主なプログラム担当者

  • 東京農工大学 イノベーション推進機構長 千葉一裕
  • 東京農工大学 イノベーション推進機構 教授 二谷貴夫
  • 東京農工大学 生物システム応用科学府 教授 秋澤淳
  • 東京農工大学 農学研究院 教授 西河淳
  • 東京農工大学 農学研究院 教授 有江力

参加募集のプログラム一覧

OPEN EDGE

過去のレポート

RECENT REPORT

開講大学一覧

FACEBOOK PAGE