大阪大学

Osaka University

Keywords

  • 研究成果の社会実装
  • 社会価値創造
  • 産学協働育成

大阪大学は、地球規模の世界適塾を実現し、人類社会の発展にグローバルに貢献する事を目標として、コラボレーティブイノベーションを推進する精神と力量をもつ人材を育成することを目標とします。そのために、「社会に貢献する大学」を支える産学のエコシステムを構築し、社会と大学の協働によるグローバルアントレプレナーの育成を行います。

目指す人材像

知識基盤社会における人類的、社会的問題解決の担い手である、「World Tekijuku Groundbreakers」の輩出を目指しています。
具体的には、

  • 高度な専門性を有し、グローバルな視点で、研究成果の社会実装による社会価値創造に貢献する新しいタイプの高度科学技術人材(TypeII博士)
  • 高度な課題解決のため、チームを率いて未踏に挑む事業開拓者
  • 起業家、イノベーションを推進する次世代の教員、研究者、ディレクター、政策立案者等広義の企業家

プログラムの内容

このような人材の輩出を可能にする大学・産業・社会の協働による持続的エコシステムを構築します。このエコシステムを用いて、大学をコアに創出される科学・技術を社会実装することで、社会的な潜在ニーズに応え社会的インパクトを産み出すグローバルアントレプレナーを実践的に育成します。

本事業では、以下の2プログラムを実施します。

事業志向研究デザインプログラム(PG2)

現在、本学のリーディング大学院、教育学習実践センター(TLSC)、サイエンス・テクノロジー・アントレプレナーシップ・ラボラトリ(e-square)で実施されている各種プロジェクトベーストラーニング(PBL)と連携・発展させ、産学協働による実践的PBLとしての事業志向研究デザインプログラムを実施します。これは、研究計画立案に際し、大学・産業界が協働し、高度な社会価値提案につながる研究企画立案ができる実践的研究デザインスキルを育成するものです。
ニーズ発見からビジネスモデル創成まで4つの段階を想定し、日本企業研究所で実施され、研究開発から事業展開に成功した手法を大学向けにアレンジしたプログラム(PG2-1)を実施します。
また、カリフォルニア大学サンディエゴ校の育成プログラムと、そのグローバルエコシステムと連携し、現地での育成プログラム(PG2-2)を実施します。

事業化推進プログラム(PG3)

1) アントレプレナーシップ啓発プログラム(PG3-1)
研究成果を基に起業に挑戦する人を増やすために、SRI社の5DOIワークショップをベースにカスタマイズしたプログラムを実施します。

2) テクノロジー・コマーシャライゼイション・プログラム(PG3-2)
ボストン大学で開講され、現在大阪大学で実施中の人材育成プログラム(G-TEC)をカスタマイズしたプログラムを実施します。

3) リーンローンチパッドプログラム(PG3-3)
研究成果を演習の題材として、リーンローンチパッドプログラムを実施します。研究成果の事業化機会を生かすために、日本の環境に合わせて内容を最適化しながら、出口の見えるベンチャー組成を念頭に置いて実施します。

主なプログラム担当者

  • 大阪大学 産学連携本部長 理事・副学長 馬場章夫
  • 大阪大学 産学連携本部イノベーション部長 兼松泰男
  • 大阪大学 産学連携本部 総合企画推進部長 正城敏博
  • 大阪大学 基礎工学研究科システム創成専攻 教授 永妻忠夫
  • 京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 教授 吉本昌広
  • 京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 教授 門勇一
  • 横浜国立大学 成長戦略研究センター ドクターキャリア開発部門長 石塚辰巳
  • 大阪大学 産学連携本部 イノベーション部 特任教授 馬塲孝夫
  • 大阪大学 産学連携本部 総合企画推進部 産学連携教授 松橋俊彦
  • 大阪大学 産学連携本部 総合企画推進部 助教 加藤浩介

参加募集のプログラム一覧

OPEN EDGE

  • NEW

大阪大学

募集終了

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ:バリアバリューから社会を変える

公開講座

日時: 2015年3月10日 (火) 16:00〜18:00
場所: 大阪大学全学教育推進機構セミナー室2

学生時代に仲間とともに起業し、障害を価値に変えることをフィロソフィーとしてユニバーサルデザインのコンサルティングを行う岸田奈美さんをゲストにお迎 えしてお話を伺います。
学生起業家、女性起業家、社会起業家、ユニバーサルデザインに興味がある方はもちろんどなたの参加も歓迎します。

スピーカー 岸田奈美 株式会社ミライロ ディレクター
【略歴】1991年生まれ。ベンチャー企業経営者の父親を12歳の時に亡くし、以降ビジネスに興味を持つ。16歳の時に母親が心臓病を患い、手術の後遺症で下半身不随と診断され車椅子生活となる。母とのリハビリ生活の中で、「車椅子の母が自由に移動できて、楽しむことができる社会をつくりたい」と願い、関西学院大学人間福祉学部に入学。入学とほぼ同時に、株式会社ミライロの創業メンバーとして参加、現職。ユニバーサルデザイン化に関するコンサルティングや、デザイン制作、障害者や高齢者への接客手法の講義など、幅広い業務を手がける。現在は広報部長としてプロモーションや、コラム・論文の寄稿なども行う。

  • NEW

大阪大学

募集終了

CLIC Cafe:「故き」と「今」を和える

公開講座

日時: 2015年3月4日(水)16:00〜18:00
場所: 大阪大学吹田キャンパステクノアライアンス棟1F交流サロン

内容:
次世代の人々が誇れる日本の伝統を生み出したい−若くしなやかな女性起業家が熱く語る

今の若者世代は起業や社会活動に熱心な人と大企業志向の人に二極化しています。起業を志す若者も、かつてのネットベンチャーに代表される様に、他人から何かを奪う20世紀型のモデルではなく、皆が幸せになり、社会も良くなる仕事にじっくりと取り組もう、そう考える起業家が多い。その代表とも言えるのが今回のCAFEマスター株式会社和えるの矢島里佳さんです。「古き良き伝統」と「今を生きる私たちの感性」を混ぜるのではなく和えることにより、新しい文化・ライフスタイルを生み出す。「21世紀の子どもたちに、日本の伝統をつなげたい」矢島さんの穏やかな中にも力強さのあるメッセージを受けてみましょう。

矢島さまからメッセージ:
みなさん、こんにちは。株式会社和えるの矢島里佳です。今回は、21世紀の日本の歩むべき道について、豊かさについて、みなさんと一緒に考える機会になれば嬉しいです。経済大国日本から、文化経済大国日本へ。みなさんと、お会いできることを楽しみにしております。

  • NEW

大阪大学

募集終了

大阪大学 Innovation Challenge Salon

日時: 2015年2月24日(火)14:00〜17:00
場所: 大阪イノベーションハブ(グランフロント大阪ナレッジキャピタルタワー7F)

大阪イノベーションハブにて事業化のための研究デザイン手法について学ぶイノベーションチャレンジサロンを開催します。アントレプレナー育成・ベンチャー創出の拠点で提携先でもあるカリフォルニア大学サンディエゴ校のスタッフも来日し、UCSDメソッドについても解説があります。

イノベーションチャレンジプログラムは、フェーズ0からフェーズ4の5つのフェーズから構成され、学生・若手研究者がチャレンジャーとなり、チーム活動によって研究成果を事業化し、社会還元していく活動を支援します。チームは、各テーマ毎にイノベーションリーダーである「チャレンジャー」のもと、そのアドバイザーである大学教員「アカデミックメンター」、企業のアドバイザーである「ビジネスメンター」により構成され、さらにより多くの外部アドバイザーとともに事業性を検討する「創発セッション・SAMP法」を取り入れることにより、より事業性を高めた研究推進を目指します。また、アントレプレナー育成・ベンチャー創出の拠点であるカリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)と連携し、大阪大学オリジナルの事業志向研究デザインプログラムを開発しています。チャレンジャーを派遣、現地でのアントレプレナー教育を実施し、さらに UCSDのもつイノベーションエコシステムや起業支援プログラムと連携することで、チャレンジャーの研究の事業化を支援します。

過去のレポート

RECENT REPORT

開講大学一覧

FACEBOOK PAGE