九州大学

Kyushu University

募集終了

開発途上国(BOP)アントレプレナーシップ・ セミナー

日時: 2015年2月18日(水)13:30〜17:30
場所: 九州大学箱崎理系地区21世紀交流プラザ Ⅰ-2F

世界には,水、医療、農工具等、最低限の生活必需品にアクセスできず貧困に苦しむ人が大勢存在しますが、このような国・地域(Base of Pyramid : 通称BOP)でのニーズは、先進国で使われる製品やサービスと異なっています。すなわちBOPでは、先進国の技術をそのまま適用するのでなく、BOPのニーズをよく把握して製品開発やサービス実現に生かすことが重要です。

九州大学/ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)では、文部科学省EDGEプログラムの支援を受け、2015年度より九州大学の学生に対し、バングラデシュをケーススタディの地として、BOP国における求められるべき製品やサービスの創造、ビジネス化へのチャレンジを経験させる教育事業を始めます。グローバル市場でのイノベーション創造にチャレンジする人材を、日本から生み出すための試みです。

今回のワークショップは、この教育事業を開始するにあたり、BOP国において先進的な活動を展開している方々にお話しを頂き、このような教育事業の進め方や目指す方向等について、様々な角度から考えるヒントを頂く機会とするつもりです。ご参加頂く皆さんとともに、積極的な意見交換をしたいと思いますので,多くの方々のご参加をお待ちいたします。

九州大学 ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター
センター長 谷川 徹

参加募集のプログラム一覧

OPEN EDGE

開講大学一覧

FACEBOOK PAGE