大阪大学

Osaka University

募集終了

アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ:大学発ベンチャーの意義~ マイクロ波化学のグローバルスタンダード化

1.5時間

日時: 2016年11月28日 18:00~19:30
場所: 大阪大学吹田キャンパス 産連本部D棟2階会議室

大阪大学発ハイテクベンチャーのトップランナーマイクロ波化学のファウンダーである塚原保徳氏をゲストにお迎えして、ハイテクベンチャーの苦労や醍醐味を共有頂きます。シリーズDまで資金調達を行い、現在最も注目されるハイテクベンチャーであるマイクロ波化学から熱いメッセージをお届けします。MakeWave, Make World(世界が知らない世界をつくれ)をモットーに世界の化学産業を変えようとしているハイテクベンチャーファウンダーの生の声をお楽しみに。

マイクロ波化学 共同創業者メッセージ
http://www.mwcc.jp/company/message.html

大学発ベンチャーの意義 ~マイクロ波化学のグローバルスタンダード化
(アントレプレナーシップ・スピーカーシリーズ)
スピーカー:塚原保徳(マイクロ波化学株式会社取締役CSO)
日時:2016年11月28日(月) 18時00分~19時30分
会場:大阪大学吹田キャンパス 産連本部D棟2階会議室

【スピーカー略歴】
平成16年3月 大阪大学大学院理学研究科博士取得
平成16年4月 大阪大学大学院工学研究科特任研究員
平成18年7月 大阪大学大学院工学研究科特任准教授 現在に至る
平成23年10月 マイクロ波化学株式会社取締役CSO(大阪大学と兼業)

【講演概要】
化学反応にはエネルギーが必要である。化学産業は、150年前の勃興期から、外部から、間接的に、全体を加熱してエネルギーを伝達してきた。電子レンジにも使われているマイクロ波は、内部から、直接、特定の分子だけにエネルギーを伝達する。私達はこれを活用し、化学反応を分子レベルでデザインし、「省エネルギー」・「高効率」・「コンパクト」なものづくりを実現する製造プロセスを独自開発しました。100年以上も変わることがなかった化学産業にイノベーションを起こすこと、これこそが我々のミッションです。この阪大発ベンチャー設立から、現在に至るまでの軌跡をお話します。

【コーディネーター】
松行 輝昌(大阪大学准教授)

【お申し込み】
氏名、所属、メールアドレスを明記の上、件名を「塚原氏講演会」とし、edge@celas.osaka-u.ac.jp宛てにメールをお送りください。
(一般公開無料の講演会です。)

【お問い合わせ】
メールにて edge@celas.osaka-u.ac.jp までご連絡下さい。

主催:大阪大学EDGEプログラム
後援:大阪大学全学教育推進機構
協力:大阪大学21世紀懐徳堂

 

 

参加募集のプログラム一覧

OPEN EDGE

開講大学一覧

FACEBOOK PAGE