大阪大学

Osaka University

募集終了

5DOIワークショップ

2日間

日時: 2015年1月13日、14日の2日間(うち該当する時間)
場所: 大阪大学吹田キャンパス テクノアライアンス棟1階交流サロン(予定)

大阪大学では、米国SRI International が提唱するSRIのイノベーションプロセスである「SRIイノベーション5つの原則(SRI Five Disciplines of Innovation ®)」をベースとするビジネスピッチ(投資家を対象とした短いプレゼンテーション)ワークショップを開催します。

大学等で培われた多数の有望な研究開発の成果や知的財産(IP)をベースに起業・商業化し、市場に送り出すことは、新たなイノベーションを期待できることから、重要な課題となってきています。
本プログラムでは、起業または投資獲得による科学技術の商業化に関心がある方(研究者、学生、技術移転者、および社会人)を対象に、イノベーションの5原則をベースとして、研究成果を投資家に対して効果的にアピールする方法を学ぶ機会を提供します。

具体的には、事前に5原則の重要性を学び、持ち込んだ技術・アイデアを、投資家を対象とするプレゼンテーションに落とし込むとともに、SRI所属のメンターから助言を受ける機会を提供します。
受講者のベネフィットとしては、1)イノベーションに必要な5原則を学ぶことができる、2)科学技術をビジネスピッチに英語で落とし込む手法を学ぶことができる、3)シリコンバレーで数多くの商業化を手がけてきたSRIのメンタリングを受けることができる。4)投資対象として有望な場合、大阪大学産学連携本部の事業化支援助成金(ギャップファンド)に採択される場合がある(対象:本学教職員のみ)、等があります。
1月の講義はすべて英語で行われ、海外での商業化を目指す方にも大きなチャンスとなります。このように本ワークショップを体験する事で、研究者および大学等における科学技術の商業化に携わる皆様に、研究開発を商業化するための効果的な方法を身につけていただけます。

■開催期間:
2015年1月13日、14日の2日間(うち該当する時間)
※ 2015年12月17日(木)18:00-21:00:プレワークショップ(日本語)
※ 2015年12月18日(金)~ 1月12日(火):希望者には、産学連携本部チームとのメンタリングを提供
※プレゼンテーションスライドの英文校正サービスも提供可能

■想定受講者:
チーム単位(複数人参加可能)での応募としてください。以下の受講者を想定しています。
1)保有技術用いて起業を検討する大学教職員、社会人
2)技術を用いて、起業のアイデアを有する学生、社会人
(阪大学生の場合、職務発明かどうかを産学連携本部で確認するため、指導教員との面談を行う場合があります。)
3)起業を想定する案件を有する大学等の技術移転実務者、リサーチアドミニストレータ 等

参加募集のプログラム一覧

OPEN EDGE

開講大学一覧

FACEBOOK PAGE